BRONZE道心〜Chihoブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年、ありがとう。

<<   作成日時 : 2009/12/31 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年もあと数時間。

2009年、とても楽しかったな。
もちろん、苦しかったことも含めて、楽しかった。

まるでこの1年は、3年の時を過ごしたような感じです。

今年、やり残したことは、ないな…。悔いのない1年、そう思いました。




今年一番印象に残っている言葉が
スポーツニュースを見ていて、サッカーのゴンこと、中山雅史さん。

長年経験のプロでもあるし、年齢的にも現役でがんばっていることなどを取り上げ、
「なぜそこまでやるのか?」という意味あいがあったのだとおもいます。


Q「どうしてそんなに一試合一試合、全力でがんばれるんですか?」

中山さん
「全力でやれば、次の課題が見つかるし、自分に何が足りないのかわかるし…^^」


という言葉…
ん…どこかできいたことがあるような…

そう!ワンマンライブの後に書いたブログです!
同じ!(T▽T) と思いました。

―全力でやるからこそ、今の自分の位置がわかる―

それによって、また次へ何をどうすればいいのか、課題が見つかる。

だから終わりがなく、また次へと前へ進めるんですね。


そこに迷いは一切ありません。

ありのままの、今の自分で全力するだけ

それでいいんだとおもいます。

そこから、またスタートなんです。  

いつもそう思っています。


地方で、こういう形での単独ライブという大仕事を通じて、「経験」が教えてくれたことでした。






ということで、1年間を振り返ると

海外で演奏をしたい!と思っていた私たちは

年明け早々、新潟のパーカッション、山ちゃんと出会いました。

そして数日後にはスタジオでのセッションとなりました。



1月中旬にはメジャーデビューの話がポン!と飛んできて、Zepp仙台の後に東京へ飛び、

3月にはレコーディング。

4月には渋谷NHK通りでのイベント演奏、その後、来年に向けての海外の話も。

6月には全国流通&ワンマンライブ2Days, 10月にはアンコールライブ…などなど などなど…



驚きの連続 でもそれは必然だということを実感してます。

春にはスペイン&フランスという話もあったのですが、

急にバタバタと新型インフルエンザ&イベントと重なって、行くことができませんでした。

こういうのって、なんかの「サイン」、と思います。

行かなくて正解でした。


海外で演奏するということは、スタートが肝心。

ただ演奏すればいい、行ってきたよーというのは…^^;ちと違う…(-_-;


それを思えば、今、1年が経ち、山ちゃんとのパーカッションとBRONZEの音は調和がとれてきて

熟してきたような気がします。

それこそ、「期が熟すまで待て」というように^^。






2009年は一生で一度しかない年なんですよね^^ 
(そう思えば毎年、日々そういうことなんですけど)

そんな一年間で、さまざまな人と出会い、

たくさんの出来事を見させていただきました。


ひとことで、「素晴らしい一年」でした。





今、年末になってさまざまな人や出来事がそろってきています。

あと数時間で、2010年。

2010年は、何かが動く。

動き始める。



そんな予感がしてなりません。

大きな波を感じて過ごしています。

2009年、本当にありがとう。


そして、ずっとずっと応援してきてくれたファンの皆さん、後援会の皆さん、

出会ったばかりのファンの皆さん^^

BRONZEは「するめバンド」です。

味わうほどに、深みが増す―

これからも、BRONZEの曲をこころのそばに置いてくださいね♪



2010年、皆さまにとって光輝く年となりますように!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009年、ありがとう。 BRONZE道心〜Chihoブログ〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる