BRONZE道心〜Chihoブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆうちゃん、お疲れ様でした。

<<   作成日時 : 2008/02/10 15:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

家には、二羽の九官鳥がいます。

最初に家に来たのが「めい」ちゃんで、二週間後に「ゆう」ちゃんが来たそうです。
(私は飼った時家にいませんでした)

めいは頭が良く、とにかくよく話します。人なつこいです。
ゆうは、臆病でよく人をつついていました。
それから根気強く、怖くないことを教えたら、つつかなくなりました^^

ある日、ゆうちゃんの異変に気づきました。
いつもの毛代わりの時期、ゆうちゃんはなかなかシッポが生えない。
羽も生えない。

ゆうちゃんは、おしゃべりも下手で、必ず言葉が抜けます。発音も悪い笑
だから余計に笑わせてくれました。めいちゃんとの会話になったりするのでまるで漫才です。
私の名を呼ぶのですが、とうとう「・・・ち・・・」で止まったり、
そのうちお話ができなくなりました。

カゴを洗いながら日向ぼっこしていたとき、ゆうの目を見たら、
充血しているような感じ、明らかにめいちゃんと違うのです。
それであまり目が見えていないことがわかりました。
鳥にとっては致命的なことです。鳥は遠くのえさを見えるように元々とても目がいいはずです。
上からポトン、とエサを落としても、ゆうちゃんはうまくキャッチできませんでした。
どうやら皮膚病、いろいろ病気なのかもしれない・・・と思いました。
羽も抜け落ちるばかりで出血もあります。
動物病院に連れて行っても、九官鳥はあまり生態が知られていないとのことで、
自分なりに調べたら難病でした。(でも本当にそれかどうかはわかりません)

それから、ゆうちゃんはお店ではなく家の部屋にいさせるようにしていました。
羽がないのでバランスが取れず、止まり木に止まれなくなったのは14年目のことでした。
昨年はもう終わりかな・・・と思った事が何度もあります。
夜中に突然奇声を上げたりしていました。

それでも食欲はあって、それから丸1年生きました。
そして昨日、ゆうちゃんは死にました。
こんな状態でよく生きたね、大往生だったね、と母と話しました。
今年は16年目に入ります。2−3年目でそんな病気が発生して、今まで生きたのです。
体の半分は毛が抜けていて、人前には決して見せられない^^;
バランスが取れず転がって歩くので、それでもお腹が空くと、人のいる方に「てちてちてち・・
」と歩いてきます。
そんな感じなのでどうしてもお尻はうんちだらけで、洗ってあげないといけません。
自分で水浴びできないもんね(><)
臆病なはずのゆうちゃんですが、くちばしが羽に届かないので毛繕いができず、ドライヤーで温風を当てると、気持ちよさそうに首を伸ばします(笑)
・・・めいはドライヤー怖がりますが笑

でも、こんなに長生きしました。すごいです。
ゆうちゃん、ありがとう、15年間お疲れ様でした。

めいちゃんはまだまだ元気です。
毛並みも艶々していて、今日もはりきっておしゃべりしています。
16年目、かなり高齢のはずなんですが・・・笑

1月、2月はお店は夜寒いので、家に入れたままです。
3月になれば、またお店で看板鳥として、「いらっしゃいませ!」とお客様をお迎えします^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私の家でも20年程前まで、九官鳥を飼っていました。私が小学3年のこどもの日に父が、まだ赤ちゃんの、その子を連れてきたのです。沢田研二ファンだった母が「ジュリー」と命名しましたが、近所の子供達が勝手に「キューちゃん」と呼び始めてしまい、本人(本鳥?)が「キューちゃん」と言うようになりました。飼い始めてから3年位は関東に住んでいて、その後、関西に住むようになったのですが、元々超おしゃべりな「キューちゃん」は、関西に住みだしてからしばらくすると、いろいろな言葉を今までの標準語ではなく、関西弁でしゃべるようになりました。
今までは、「おはよ」「おーはよ」だったのが、「おはよーさん」になってしまったり(笑)
脱走癖がエスカレートして、くちばしで小屋を破壊して、近所の田んぼに逃げた事なんか、何度もあって。その度に、近所のおじさん、おばさん、配達中の米屋のおっちゃんとかが、昆虫採集用の網を持って、追いかけ回したりなんて。それに、何故だか「アホー」なんて言い出したり。奴には怖い物なんかなかったけれど、何故だか、歯ブラシは超恐がりましたよ。
そんなこんなから数年経ったある日、家には私しかいなくて、そして、わたしも夕方出かける予定だったので、早めの夕ご飯にしてあげて、私は出かけました。
それが、用事に時間ががかかり、その日は家へ帰れず、翌日の夕方戻りました。
すると、母が言いました。
「ジュリー、みんなの留守中に死んでたよ」と。
小屋を見てみたら、今までみたいに、艶々で、死んでいるとは思えませんでした。
それに、私があげた夕食が最後の食事だったのですが、残さず、全部食べてありました。
私が20才の時です。やんちゃすぎたアイツは11年生きました。死因は老衰だったみたいです。
ジュリー おおきに!!
まりも
2011/08/14 02:41
まりもさん
ありがとうございます。
九官鳥は、本当に楽しい「物まね鳥」ですね^^
「ジュリー」、「キューちゃん」…いろんな言葉を発するのも…名前で呼ばれて「?」「?」どっち?と思ったりしたのでしょうかね、想像してしまって、思わずまりもさんのコメントで笑って読んでしまいました。
歯ブラシが怖い!というのも何だかウケてしまいますね笑
11年もすごいですね!
…う、うちのもう1匹、すさまじい生命力で…
「めい」は19年目?
…だんだんこちらもわからなくなってきました^^;
ほんと、「おおきに!」ですね^^

ありがとうございます。
 
chiho
2011/08/29 19:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゆうちゃん、お疲れ様でした。 BRONZE道心〜Chihoブログ〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる