BRONZE道心〜Chihoブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS L.Aの思い出

<<   作成日時 : 2008/01/25 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、ある人が亡くなっていた事を知りました。まさか、こんなに年月が経ってから知るとは・・・。2003年11月、私は何をしていたのか思い出してみました。
とにかくサックスを練習していた頃でもあり、来年は関東ライブに行きたいからと、
準備をしたりしていた頃だったはずです。またその年に仕事が増えていたので両立の疲労からギックリ腰やった年だった記憶があります^^;
自分達の道を切り開くことで精一杯だったのでした。

今日のブログ、長くなりそう・・・。

95年〜98年くらいまで時々アメリカに一人旅やってました。
人生の建て直しのようなときでもあり、旅に出たくて仕方ありませんでした。
すごーく安い切符でいき、後は友人の所で食事や掃除をするという感じで日常を過しました。
その友人は、やはりプロを目指すドラマーでした。
レコーディングで8時間スタジオにこもったり、私にとってはそれが楽しいことなのでVIDEO撮影の手伝いをしたり、皆さん私が英語ペラペラだと勘違いしているようで大変でしたが、
日本から来たと知れば皆さん口をそろえて「東京に行きたい、日本に行きたい」何とかしてくれといいます笑 (私プロデューサーじゃないんだってば笑)

とにかく興味深々でした。ロスのスタジオはとても雰囲気が楽しく遊び心一杯。
そのオーナーは77年に日本にツアーしに来たこともあるよ、と東京タワーで写真撮影したものまで見せてくれました。「一体その頃君はいくつだったの?生まれてる?」なんて「かもわれ」ながら・・・^^:

友人は、バイトをしながらバンドの仕事もやり、生活をつなげていました。
かなり、将来についてもがいていました。あと一歩なのに、それを超えられない。と。
ライブのない日は、もう1人の友人を迎えて3人で夜遅くまで音楽やその姿勢について(時には辞書を引いて笑)語り合ったのを覚えています。

口癖のように言っていたのは、
「ロスには常にチャンスが転がってる、以前一緒にバンドを組んだ女性ボーカルが、ある映画で(すみません度忘れしましたがコミック映画です。レンタルも出てますよ)、主役でもなく、ダンスホールで歌っているボーカル役で出演した。ある日家に尋ねてきたら、えらく格好がゴージャスに変わっていて、どうした?と聞いたら、女優デビューすることになったのよ、って言って、今ではあちこち映画に出てるよ」
確かに。彼女の名は今ちょっと浮びませんが、結構出ていますよ^^;(アジア系ですよ)
 ちなみにジョニーデップも本当は音楽やるためにロスに行ったのですが、俳優に転向したんでしたよね。(そういう匂いがすると思った・・・笑)


ある日はダンスミュージック演奏の仕事で、私はPASSをもらいスタッフとして行きました。
そこで演奏していたカバー曲が、皆様ご存知のCHICです。
★CHIC Le Freak なつかしのライブ映像
 ↑多分、この曲は皆さんよくご存知かと思います。


初めはなんでそんなにドラマーがCHICの話しばかりをするのか初めはわかりませんでしたが、話しを聞いているうちにシックのドラマー、トニートンプソンとは師弟関係のような友人であったことがわかったのでした。

CHICをやめてからトニーはThe powerstation というバンドのドラマー、ボーカルはロバートパーマー、そしてギターはデュランデュランのギター、アンディテイラー。3人ともこんなにキャラクターが違うんだけどどういう演奏になるんだろう?と思いました。
それに小学生の頃デュランデュランの曲も好きだったので楽しみにしていました^^

ある時、「パワーステーションがロスでTV収録がある、トニーからチケットもらったから入れるよ」というので私も行くことになりました。広ーいスタジオで、あれはどこだったんだろう。
 その頃、マリリンマンソンがあちこち、大きな看板に出ていたっけ。
「あれ、一体何のホラー映画の宣伝なんだろう、すごいねぇ」と言ったら、
「今売り出してるバンドの看板だよ」「バンドぉ?どんな音出すんだろ〜」
と会話したのを覚えています。
まさか世界中でよくもわるくもメガヒットするなんてね^^
(でも彼らはある意味半端ではないので私も好きです。それに思わず微笑んで?しまったのは、X JAPANのHIDEがロスに行き、「美術面」(彼も美容師さんですし^^)でスタイルを構築したら、それを見て、「自分にもスタイリストを紹介してくれ!」と一生懸命HIDEに電話したという話し。HIDEは、「まりりんまんそん?って、ヘンな(女性名と男性名なので)名前の人から電話が来る」と言っていた話し・・・(笑) なんか思わずほのぼのと笑ってしまいますよね^^
やっぱしいろいろと努力してるんですよね。

話しがずれてしまいました・・・

TV収録が始まると、拍手をする合図で皆でわーっと拍手をする。
私達は中央の上の方に座っていた。私はワクワクしていた。

曲は「She Can Rock It」だった。
とにかくトニーのドラムがすごかった。
ガツン、ガツン、ガン、ガン!という音。単純なリズムだけど重圧感がある。でも、HRとは違う、
ベタッとしてないんです。
トニーがファンクやダンスミュージックをやってきた、そのリズムが現れているのかな。
リムショットしてるんだろうなということはわかりました・・・

って、ドラム揺れてるよ!??(*゜ロ゜)!!バスドラにくっついてるタム(本体)が揺れてるよ!!!どして揺れてるの〜!!???すげ〜!で口あんぐりでした笑

★She can Rock It
★She can Rock It(もういっちょ別映像)

トニーの人柄はこのインタビューでわかると思います^^
★インタビュー

そんなトニーの話しは友人から聞いていました。
とても紳士で、品がある方だということも。

ある日、トニーがツアーを終えて友人宅に遊びに来ました。
それで、友人はバイトがある、と私とトニーを留守番に残して行ってしまいました。
何を話したらよいかわからないので、そこにあったゲームをやっていました。
トニーもインターネットをいじっていました。
「何してるの?」と気を使って聞いてくれたので、「ゲームです…^^;」といったら
「俺もだよ」といってしばらく時間が経過し、私はもう1人来客が来るということで(一般人)カメラを回してあちこち撮っていました。すると、トニーは日本が大好きなんだ、という話しをしてくれました。カメラ回しっぱなしだったのに答えてくれました<(_ _)>
寿司も大好きだったそうです。
TVの印象とは全く顔が違って、とても優しい顔をしていました。
すごくハンサムでしたよ^^もう少しスリムですし。 
無事友人も帰ってきて、皆でワイワイ話しているところは本当に普通の仲間で、
いきがっていたり、ツンツンしたヘンなプライドとか全くない方でした。

友人とは電話番号を変えたときなどで連絡先をなくしてしまい、それを知ることができませんでした。尊敬している先輩に先立たれ、今もLAでがんばっているのか・・・それとも後継ぎの立場で地元に戻ったのか・・・わかりませんが、元気でいてほしいと思います。


もちろん今だから書けることです・・・。

以下に、記事としてありました。トニーは48歳、11月に癌で亡くなられたそうです。
もう少し現役でドラムを叩いてほしかったです。
でも、レッドツエッペリンの大ファンだったそうですが、実際にツエッぺリンのライブでドラマーとして演奏もしたそうで、素晴らしい夢をまたひとつ現実にした方なのですね。

同年の2ヶ月前の9月にはボーカルのロバートパーマーが心臓発作で亡くなられたそうです。

・・・お2人のご冥福を心からお祈りいたします<(_ _)>
http://www.soulsearchin.com/entertainment/obituary/diary20031120.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
L.Aの思い出 BRONZE道心〜Chihoブログ〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる