BRONZE道心〜Chihoブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS いざ、新潟へ・・・

<<   作成日時 : 2007/11/28 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

*アキラさんの了解を得て掲載しています。
           アキラの戯言 http://79110404.at.webry.info/
  
新潟から戻って間もなく書いていたのですが、
途中まで書いてそのまま時間が経過していきました。

        
3日のライブを終えた翌日、メンバー全員で新潟へ。
本荘から片道232キロ。
また私は本荘まで約68キロあるので、136キロ+464キロ=600キロの移動となった。
もちろん翌日仕事ということもあって、日帰りで。


去る10月30日明朝、アキラさんからメールが入っていた。
時々奥さんの祐子さんの具合を聞いていたので、
その頃は、私も携帯メール着信音が鳴るたびにドキッとしていた。

朝起きてメールが入っていて
祐子さんが逝ってしまったことを知った。

その時は体調次第で、
本間ご夫妻は揃って12月24日のライブに行きたいと思ってるんだ、
という話しをしていたのでメンバー皆で楽しみにしていた。
本間さんにはライブを見てほしいと強く思う、そしてどうでしたか?って本間さんの話しを聞きたいと思った^^ それに新潟でのライブ後はハグをそらしてしまったので、
今回はしないと・・・笑と思っていました。

「じゃあ本間さんはスタッフでSPよろしく(笑)」なんて冗談を言っていたら、
「いや、客としてお金払うよ、でなきゃ辛口コメントできないもん(笑)」
「・・・・了解です(笑)」
私達メンバーはよくなると信じていたし、
その免疫治療ならきっとよくなると本当に思っていた。
わずかでも可能性があるなら、可能性に駆けたほうがいいし、
生きているうちに何かできることがあれば全力でやった方がいい。

しかし、その後間もなく、体調は急変してしまったのでした。

アキラさんとの付き合いは、2005年の春にさかのぼる。
当時は、TV局の関連でいろんなものを探していた。
今は放送していないけれど、新潟と東北で放送している番組を見つけ、
それに出演していたのがアキラさんだった。
「ロックに人生を駆ける」という内容だった。
(あれ、こんなのも放送してるんだ・・・)と私はアキラさんという人物を探し、
ブログに辿り着いた。そのブログを読んでいると、「この人は、本物だ」と確信した。
何を言わんとしているのかが、バンバン伝わってくる。
当時は、地元には理解者がほとんどいなかった。
ファンの方々はいるけれど、共に音楽を歩むという意味では理解者は少なく、
「いいたい事、やりたいことはわかるよ、でもな・・・」
という感じで、私自身、煮え切らなかった。
(わかるんだったら「やるだけ」、「でも」はない、それしかないでしょ?)
と思ってしまって・・・笑
そんな中でアキラさんの存在を知り、これは絶対に連絡をとりたい、と思ったのでした。

私は遠慮なく、アキラさんには音楽への思いを全てぶつけた。
普通なら「急になんて失礼な奴だろう」って思ったかもしれないけれど、アキラさんは違いました。その部分には触れてもいないのに、私達の影の努力は見抜いていて、その理解がたまらなく嬉しかった。そして、彼もやるといったら理屈ぬきでやる人だった。
それから数ヶ月に渡り、メールや電話でアキラさんと会話をし、その年の年末、アマチュアナイトというライブに出演することになった。そのときに初めて奥様の祐子さんとも出会い、何ともほんわかした方で、気を利かしてそっと裏方の仕事をしている方だった。バンド出演者達がこうしてやれるのもそういう裏方さんあってのことです。
画像

ライブ後の打ち上げにて。AM3:00頃だったかな??


朝10時半出発、新潟へは夕方くらいに到着を予定していた。
豊栄道の駅に到着。
メンバー全員、そこで喪服に着替えた。
(一応厳かな感じになるけどうちら皆で黒服になると何か独特の雰囲気になるーー;)

来年度に向けて考えていた企画ライブ。
その時には、本間ご夫妻と、カーテンコールに一緒にステージに立ちたかった。
祐子さんが体調を崩してからは、お手紙と、
アキラさんを通じてメールで会話する、という状況でした。

画像


久しぶりにご対面する。
娘さんとも初対面だったが、何ともこういうかたちで初対面になるとは複雑だった。

でも顔を見て、少し安心した。
いろんな思いがあると思う。
でも「苦しまなかったし、人事を尽くして天命を待つ」だったという話し、
免疫治療の次の段階に進む前の時点で血液検査で数値が至らなくてなかなか進めなかった、というのはとても残念だったと思った。

家族で一緒にいた時間がとても濃厚なものだったという。
こよなくロックを愛する2人。ご夫婦から学ぶ事はたくさんありました。
祐子さんと、もっともっと、お話したかったな。

帰りは、祐子さんではなくて娘さんのあおいちゃんとハグをした。
ご冥福をお祈りいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いざ、新潟へ・・・ BRONZE道心〜Chihoブログ〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる