BRONZE道心〜Chihoブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 掌蹠膿疱症性骨関節炎2006 まとめ(その3)

<<   作成日時 : 2006/07/06 00:51   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

〜医師も、「人間」。患者も、「人間」〜

約ニヶ月ほど前。
私はインフルエンザをキッカケに、完全に体内時計が狂ってしまった。
食べても、睡眠不足というのは本当にコタエる。

それがなかなか戻らず、生活に支障が出てきた。
体が「休みたい」と叫び眠くて眠くて仕方ないのに、そのまま起きている状態。

職場にて
「chihoちゃん、今日マスカラつけてる?」
「ううん、何も。なんで?」
「え、それ、クマ?!笑」
「え?どれどれ?(と鏡を見る)」
「きゃあ〜笑笑 目の下にクマ100匹飼ってる〜っ!(従業員と爆笑)」
「アイシャドーいらないじゃん(爆)」 

(怪しい〜っ!要注意人物になっちゃう笑)
ご飯食べてるのに、体重は減っていきました。

ちょっぴり精神的にも辛くなって、先生に相談しに行くことにした。
今の状態を話すと、

「*^-^*(ニッと笑って)まあ、当たり前ですよねぇ・・・二束ワラジやってんだもん・・・。」
この内容については以前ブログに書いたけれど、
先生が話ししてくれたのは他にもあった。
食事もろくに取らず、睡眠不足の頃の話しでした。
(多忙の時の私と同じ状態であり、例として自分の体験を話してくれたのでした。)


・・・患者さん、一人でもお役に立てたらと、とにかく診れるだけ診ていた時期があってね。私もね、死んだらたっぷり寝れるから、今寝なくてもいいや、なんて思っていてね。でも本当にエンマさまにお会いするところだった・・・笑。
でもまだやりたいこと、あるから・・。
診察を夜の11時くらいまでして、苦しんでいる多くの患者さんを少しでもと思って・・・。
それで、家に帰ってから今度は患者さんの診察結果を一通一通書いて、次の日には看護師さんに渡してワープロ打ってもらってね。だから2、3時間の睡眠で、朝また病院に来て・・・。
・・・それでも時々、「なんで治らないんだ」と聞く患者さんもいて、何が原因かと聞いていったら、煙草を吸ってたんです。それが原因のひとつですよ、といったら「俺は煙草どうしても吸いたいから、煙草やめられる薬をつくれよ、それが医者だろ。体痛いんだから、治せ!」なんて言うしね(笑) 私も口が悪いもんだから、怒鳴っちゃうんですよね・・・(苦笑)「もう、ここに来るな!」なんて追い返しちゃったり・・・。ま、言ってもわからないんでしょうね。そうだと患者「さん」っていえなくなっちゃいますね。


睡眠を取らないと、起きていても脳が眠ってしまうんですよ・・・。
あなたも無理すると、私のようにエンマ様行きのバス切符もらうことになっちゃうよ。(急に真顔)  
今はね、私もきちんと診察日や時間を決めてからは、調子よくなりましたよ。あなたも、少しの時間でもいいから、何も見ない、聞かない、黙って目をつむって静かにする、脳に刺激しない。それを二時間起きにとって、水分もとってください。仕事でなかなか抜け出せないなら、トイレに行っちゃえばいい(^^)

・・・それにしても、chihoさんを診察した辺りは、本当に苦しかった。無理がたたってしまってね。あの日そのまま入院になっちゃって*^-^*。あの頃は、そこからそこまで歩くのに、10分もかかっちゃってね。息つけなくて、歩けないんですよ。喘息かな・・・と思って吸入使ったんだけど、ダメで、心臓かな?とニトログリセリンなめたんだけど、何ともならなくって・・・おかしいなぁ?と思ってたらね・・・
・・・薬(ニトログリセリン)が・・・・・・・古かった。・・・(ニッ)*^‐^*



・・・私はもうろうとしている頭でしたが、最後の「オチ」に大爆笑してしまいました。
なんか、その場の雰囲気と先生の言い方が絶妙にマッチしていて、笑えたのです笑。
先生も「ウケタ!」といわんばかりに「♪」と笑っています。

「あ〜(涙をふきながら)、先生、久しぶりにこんなに笑わせてもらいました笑」
(先生は笑いながらうんうん、と頷く)

そこまで無理すると、呼吸は苦しくなるし、心臓に来るよ、というお話なのでした。
その話しをきいて「うーん、無理はイカン・・・(−−;)そうはなりたくない・・・」と思いました。

「薬(安定剤)は処方しますか?」と聞かれましたが、
「先生の体調コントロールのお話を聞きましたので、まずは自分でやってみます。」
「そうですか。では、まずそうしてみてください。」
そして診察室を出ました。


医師も人間。
病気にもなるし、心だってある。
こんな話も、「過労」についての話しから出た内容。


「医者がそんなことを言うものではない」
「こんなに苦しいのに1年待ちだなんておかしい」
「全国にもっと患者を診る医者がいていい」

こんな患者の言葉も見たことがあります。
でも患者も一日も早く楽になりたいと思っている・・・。

治療法・診察方法については講義されているようです。
後は全国のお医者さん、なんとか、よろしくお願いしまっす!



〜つづく〜

★.・。☆。★.・。☆。★.・。☆。★.・。☆。★.・。☆。★.・。☆。★.・。☆。★.・。☆。
<上記リンク含め「しょうせきのうほう症」に関する私の全ページです>
http://chiho.at.webry.info/theme/1cdae0b551.html

<前橋先生公認のHPです>
http://www3.ocn.ne.jp/~hpps/15th/15th.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
掌蹠膿疱症性骨関節炎2006 まとめ(その3) BRONZE道心〜Chihoブログ〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる