BRONZE道心〜Chihoブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 死んでたまるか!「掌蹠膿疱症性骨関節炎」

<<   作成日時 : 2005/05/31 12:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 1

今日は、雨。
先々週からの仕事の無理がたたったのか、そしてこのじめじめした空気のせいか、
体がまた痛みはじめていた。
実は、先週は仕事で30分も立っていると、膝が痛くてしょうがなかった。
そうなってからは、もう立たなくても痛むようになる。
立ったまま方向転換すると、膝が痛み、外れそうになる。
膝の裏はとくにひどく、じっとしていても、寝ていても痛かった。
足の裏側(ももから足首まで全部)シップをはって、その上から長いサポーターで誤魔化して仕事をした。ふくらはぎもつったようになり、ももの横も黙っていても痛苦しい。
膝をまっすぐにできない。
まるでおばあちゃんのように膝を曲げて歩く格好になってビッコをひいていた。
床を掃き掃除すると、その後普通に立てない。
これはまずい。
朝起きて体の様子を見て・・・やはり無理をするのはやめることにした。
行けば、結局腰、膝、腕と、痛い部分に負担のかかる仕事しかないから。
少し間が空いたとしても、横になれば「お前だけ休むな、甘えるな」
といわれるのは分かっているので行ったら無理せざるを得ない。
痛みというのは、本当に本人にしか分からないのだな、そう思った。

昨日は休みだったので歯医者だったが、
待っているイスの上に黙っているのもかなり苦痛だった。
首を後ろにもたれてもだめ、普通にすると腰が痛み、・・・とにかく黙っていても体の置き場所がない。
今週は車で移動した後に、ぐったりと降りられずにそのまま車で横になっていることもしばしば。

本屋に行ったと昨日書いたが、その体の痛みもあって
奈美悦子さんの「死んでたまるか!」を購入した。

今日は休んだので、それを一気に読んでしまった。
号泣してしまった。
奈美さんの仕事に関する思いや、体が自由に動かないもどかしさ、激痛、痛みに泣いていたことなど、本当にそうだなと思った。奈美さんの鎖骨は、私のレントゲン写真と似ていた。
鎖骨の中心が肥大・変形していたことや、中心から鎖骨がずれて離れかけていたこと・・・
洋服を着るときに、激痛が走ること。
下着をつけるのも時間がかかって痛みを我慢すること。
股関節の痛み。
頭痛をのぞいては、首、耳横のリンパの部分、背中、鎖骨、肩、肩甲骨、腰、股関節、膝、手首足首・・・。ほとんど全身。
私もまだビオチンを飲み始めて間もない。痛みは、大波が小波になるように、ひいてはよせ、の繰り返しで徐々によくなっていく、とあった。

奈美悦子さんも、治療始めてからもまた激痛は襲っていたようだ。
そんな時彼女の頼る相手は「最上谷さん」であった。
私にとっては、不安なときに話し相手になってくれるのは「風の、のり三郎」さんだ。
そして最上谷さんとのり三郎さんは、もちろん、知人であり、この病気に関して前橋先生のよきサポーターとしている方々だと思う。

食べるときの箸を持つのも手が苦しくて、食事すらろくに取る気がしなくなったり
顔を洗うのも肩が痛むとか
お風呂に入るために下着を脱ぐのも時間がかかるとか
仕事のハサミをも持てなくなったり ものをボタボタ落としたりとか
サックスを持っているだけて 腰が落ちそうだったり膝も痛かったり
吹くという行為で 首の痛みとかリンパの張る感じだとか
微熱が続いてたりとか
奈美さんが仕事先と(キャンセルするので)険悪になったりとか
私も仕事で休むと甘えてるとか 言われたりとか
夜、痛みで泣いたこととか
痛みで眠れないこととか
痛くて景色が遠く見えることとか
記憶が遠のいていくこととか
整体やマッサージに行ってもその時はいいけどすぐ痛みが来るとか
「おかしいですね、これで痛みは取れるはずですけど、何ででしょうね?」と逆に言われたことや
首・肩・腰・足全部が異常な凝りだといわれたことなど・・・
本当に共感することが多かった。

一番ひどかったときは仕事をしていてお客さんと会話したのを覚えていない
痛みで思考回路がマヒしてしまうのだろう
「嫌な女になっちゃった」と奈美さんは自分のことを思ったという。
それも同じだった。
「痛くて、でも痛いとばかり言うのも嫌だし」
我慢がつのるたびに私のイライラ光線は出ていたのだと思う。
それは関東ライブでもそうだったし、仕事でもそうだったと思う。家にいても。
そして「ひとりになりたい」と思うことが多くなったのだ。
イライラを出しているのが分かるから、人と会いたくないと思うこともあった。

泣いて、楽になった。泣いたって、せいぜい10分もすれば疲れて眠っているのだ、とも本にあった。
それも同感。痛くてほろほろ泣けるときは泣いたっていいんだ、そう思った。

私は、バンドをやっていたり、名前も顔も明らかにしているし、
ファンの方からの励ましのメールやコメントも頂いている。
だから本来、こういった内容は書いていいのか迷っていたけれど・・・
ここは個人ブログであるし、書きたいことをリアルタイムに・・・と自分でも書いてあるから
強がりもやめようかな、と思った。
だって、これは治るものだから。

痛みの大波が、だんだん小波になっていくのだもの、まだ飲み始めてから
約1ヶ月。骨に関しては1〜2年かかるんだもんね。
奈美さんの症状に比べたらまだまだいけるはず。
なんとかなるさ。
泣きたいときは、泣かせてくれぃ。(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
闘わずに、白旗を揚げちゃおう♪
「死んでたまるか!「掌蹠膿疱症性骨関節炎」」について こんばんは。chihoさん、トラックバックさせていただきますね。 かなり、身体全身に来ているようですね。 辛いよね。痛いよね。切ないよね。 元気だったら、身体が自由であったらあんなことも出来る、こんなことも出来る、あ〜情けないな、歯がゆいな、もどかしいな、惨めだな、悔しいよな・・・と心の内によぎる思いはどんなかと、手に取るように伝わってきます。 ...続きを見る
自由気ままに
2005/06/02 00:40
「2006年2月〜2007年2月のブログ内ランキング」
「ブログ内ランキング」について ...続きを見る
BRONZE〜音のある風景〜by Chi...
2006/02/10 14:13
掌蹠膿疱症性骨関節炎2006 まとめ(その1)
お庭に咲いたチューリップです♪ ...続きを見る
BRONZE〜音のある風景〜by Chi...
2006/06/11 13:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
びーらぶさん、ありがとうございます^^そう言っていただけると、私も気持ちがとても軽くなります。私に対しては、何も言わなくていいですよ!^^
>7月のクラブチッタ、楽しみにしています。
この言葉が嬉しいですね!^^私も楽しみにしています^^
今度はメンバーと顔合わせくらいできたらいいですね*^^*
chiho
2005/06/01 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
死んでたまるか!「掌蹠膿疱症性骨関節炎」 BRONZE道心〜Chihoブログ〜 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる